残柿

柿・南丹市
見知らぬ府道を走っていると、
風情ある場所を見つける事がある。
と言っても、
ナビの近距離を選ぶと旧国道を走り、
思いがけない景観に合うものだ。

この場所、茅葺き屋根を背景に、
柿の実がいい塩梅に残っていた。

撮影場所:京都府 南丹市
撮影日 :2019.NOV.10
スポンサーサイト



初紅葉

苗秀寺
この時期、紅葉の進み具合が気になる。
見頃を逃してはいけない・・と、
少々早いと判りながらも撮影に出かける。

やはり早すぎですね。
それと今年は一週間程遅れている様です。

撮影場所:京都府 亀岡市 苗秀寺
撮影日 :2019.NOV.10

大山・紅葉

大山・紅葉
近畿地方は今週に入り、朝晩の冷えが進み、
昨晩は冬掛布団の登場となった。

この分だと紅葉も一気に進むだろう。

撮影場所:鳥取県 大山
撮影日 :2018.NOV.02 (昨年度撮影です)

千丈寺湖

千丈寺湖
紅葉の下見で千丈寺湖へ。

初めての撮影地は前もっての下見が重要。
方角を確認し、山並みの高さと、
朝日夕日が差し込む時間の確認など・・。
でも、
肝心なのは紅葉が映える日時を
見誤らない事ですね。

撮影場所:兵庫 三田市 千丈寺湖
撮影日 :2019.OCT.27

見頃・誤る

彼岸花
今年の彼岸花は撮影者泣かせ。
例年の満開時期には咲かず、
1週間から2週間遅れで見頃を迎えた。

この地での撮影では見頃を3日程過ぎていた。
残念!
1年前からてぐすねひいて待って居ただけに、
この3日の誤算は大きなショックだ。

撮影場所:京都府 亀岡市
撮影日 :2019.SEP.29

水郷

水郷
えり漁、沖びき網漁、追いさで網漁、
刺網漁、貝びき網漁、沖すくい網漁と、
琵琶湖では様々な漁法がある。
この水郷では
もんどり漁で使う田舟が水に浸かっていた。

これは、舟を使用しない期間は、
朽ちるのを防ぐために、
わざと水を舟に入れているのだ。

撮影場所:滋賀県 高島市
撮影日 :2019.SEP.20

秋暁の瞬間 (しゅうぎょうのとき)

秋暁
カメラ特性を活かした撮影をしたい。
時間の流れを感じる様な写真に仕上げたい。
最近、
敢えて難しくした設定で撮影を試みるようになった。

撮影の岐路に来ているのかな?

撮影場所:滋賀県 高島市
撮影日 :2019.SEP.20

待ち遠しい紅葉

メタセコイヤ
とある撮影現場から、
メタセコイヤ状況の確認と足を運んだ。

何時ものお気に入りポイントに行くと、
畑作業されていた顔馴染みのお母さまとお話が始まり、
今年の秋の作物は、全て1~2週間実りが遅れているとの事。
この地の特産品の栗も同じく、現時点では出荷量が少ないとか。

この状況からして、
メタセコイヤ並木の紅葉も、
12月第1週から第2週へと遅れる模様だと話してくれた。

撮影場所:滋賀県 高島市
撮影日 :2019.SEP.20


環境変化

鮎

今年の琵琶湖稚鮎漁も漁獲が少なかった様だ。(5月の時点)

年々、漁獲が減っている理由に、
最近は水位の上昇が見られないとか。
梅雨時琵琶湖の水位は上昇し始め、
稚鮎も活性化し遡上を始めるのだが、
満水対策の事前放流、
飲料水としてのポンプアップなどの、
水位調整が一因していると話を聞いた。

漁業組合長とお話をすると、
安全、安心を先取りする環境の変化が、
生態に大きな変化を与えている事が垣間見えする。

撮影場所:滋賀県 安曇川
撮影日 :2019.MAY.10

ユリノキ (半纏木)

ユリノキ
高さ25mのユリノキ。
この時期はただの大木だが、
6月上旬には、
黄色いチュウリップ゚の様な花が咲き誇る様だ。
別名にハンテンボク(半纏木)

残念ながら、
今回は星撮&雪景色の下見で、
様子を確認しました。

影場所:滋賀県 高島市
撮影日 :2019.AUG.07

プロフィール

暇人けい

Author:暇人けい
ブログ訪問者の皆さんこんにちは。
 
撮影の楽しさにひかれ里山、棚田、星空など自然を中心に、気に入った画像と一言を添えてをアップしております。

今後とも末永く御訪問願えれば幸いです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR